BING BOARD LINEUP

 

LONG BOARDS

BING CLASSIC PIG
9’0”〜 10’0”+
50年代後半から60年代にかけて、すべてのサーフボードの製造の規範となったクラッシックPIG。 ワイドテール、ナローノーズ、現代のサーフボードの起源を垣間見れるクラッシックモデルです。

BING DICK BREWER PIPELINER PINTAIL
9’0”〜 10’0”+
ディックブルーワーと共同開発したミディアム〜ビッグサイズ用にデザインされたクラッシックモデル。 センターのシダーと2本のTバンドストリンガーをセットした3ストリンガーモデル。

BING CLASSIC 3-STRINGER MODEL
9’6”〜 10’0”+
60年代のオリジナルデザインを忠実に再現したスピードシェイプ。 ピッグのアウトラインをより洗練させ、よりノーズライドに重点を置いたモデル。

BING NOSERIDER
9’4”〜 10’0”+
1965年ビングと当時のヘッドシェイパーによって唯一ノーズライドのためだけにデザインされたモデル。 深いティアドロップのノーズコンケーブ、後のすべてのノーズライダーのモデルの原型となったオリジナルノーズライダー。

 

BING NR-2
9’4”〜 10’0”+
オリジナルビングノーズライダーに極めて近いが、ライトウェイトにしたタイプがこのモデル。 より取り回しの容易なモデルでスモール〜ビッグサイズまで対応できる。

BING SILVER SPOON
9’0”〜 10’0”+
マットカルバーニが次世代のノーズライダーとしてデザインしたモデル。 ビングライトウェイトのテンプレートと深いコンケーブを組み合わせることにより、ノーズライドとスピード・グライドを楽しめるオールラウンドモデル。

BING GOLD STANDARD
9’0”〜 10’0”+
シルバースプーンとノーズライダーの両方のデザインを組み合わせたモデル。 ダイヤモンドテールでよりスムーズなターンを可能にした進化したノーズライダー。

BING TRIMULUX
9’0”〜 10’0”+
ビングのモデルの中でも厚さがないのが特徴のTRIMULUX。 フラットデッキとわずかなコンケーブでシビアなポジションでもターンしやすい。 ノーズライドだけでなくパフォーマンスなテイストを色濃くしているモデル。

 

BING LIGHTWEIGHT STEP DECK
9’0”〜 10’0”+
ノーズライドからターン重視へと向かっていた60年代後半に開発されたモデル。 よりマニューバーを考えターンの振りをしやすくステップデッキにしコンケーブも入れてないデザインが特徴。

BING PINTAIL LIGHTWEIGHT
9’0”〜 10’0”+
ディックブルーワーにより60年代後半にデザインされたハードエッジなモデル。 トラディッショナルなレールとの融合によりマニューバーからノーズライドまでを考えつくされたデザイン。

BING LOVEBIRD BY CHRIS DEL MORO
9’0”〜 10’0”+
クリスとマットによってデザインされ、スモール〜ビッグサイズの波までオールラウンドに対応できるモデル。 ゆるいVボトムとダイヤモンドテールによりスムーズなターンが可能。ファブリックデッキデザインもこのモデルの特徴の一つ。

BING Elevator by Chris Del Moro
9’0”〜 10’0”+
Bingオリジナルノーズライダーとライトウェイトステップデッキのデザインを併せ持つElevator。 ステップデッキ&ノーズコンケーブという今までにない斬新なデザインで、ノーズライドの安定感はもちろん、ノーズの軽さでセットアップもクイックにできるノーズライダーモデルです。

 

BING Levitator
9’0”〜 10’0”+
Levitator=浮遊装置、そのモデル名の通りノーズセクションでリフトアップし安定してノーズセクションを駆け抜けられるノーコンケーブのノーズライダーモデル。 Elevatorモデルとライトウェイトステップデッキの特徴を併せ持った、新しいタイプのノーズライダーです。

BING Dear & Yonder Model
9’0”〜 10’0”+
Bingチーム女性ライダーでシェイプもこなすアシュリーとサンフランシスコのフィルムアーティスト・セレナのコラボモデル。 フェミニンなデザインばかりでなく、女性に乗り易いデザインのモデルです。

BING Feral Pig
9’0”〜 10’0”+
ヘッドシェイパー・マットカルバーニとマイク・ブラックのコラボプロジェクトで生まれたPIG。 数多くのブランドからリリースされたPIGデザインがフィードバックされた、クラッシックなテイストの中にも新しさのあるPIGです。

BING BN Lightweight
9’0”〜 10’6”+
オリジナルノーズライダーをライトウェイト(軽く)に仕上げた新しいモデル。オリジナルノーズライダーに比べ少し幅を持たせ、厚みをなくすことで、よりマニューバー性能を上げたノーズライダーです。

 

BING Lightweight II
9’0”〜 10’0”+
60'sにマニューバーを重視したデザインで一世を風靡したライトウェイトステップデッキの改良バージョン。ステップデッキの割合を減らしわずかなノーズコンケーブを入れることで、テイクオフの早さとノーズライドの安定感を持たせたニューモデル。

BING Ashley Lloyd Signature Model
9’0”〜 10’0”
BING女性プロライダー、アシュリーロイドのモデル。ピンテールに50/50の緩いレール、どんなタイプの波でもフィットするオールラウンドなシングルフィンです。

 

※ラミネート、ティント、ピグメント、オンフィン、ストリンガー、等々どんなカスタムでもお受け致します。

※オーダー方法や、その際の注意事項、納期についてはこちらへ
※ご質問などございましたら『お問い合わせフォーム』またはメールにてご連絡ください。



 

TRANSITION BOARDS

BING KARMA
6’6”〜 8’6”+
60年代後半のエッグデザインのトラディッショナルボード。 グライド感とルースなターンが特徴。ミドル〜ビッグサイズの波でベストマッチ。

BING MAUI FOIL
6’0”〜 8’6”+
70年代のリバイバルモデルとしてマットカルバーニがデザインしたモデル。 ノーズロッカーの効いたエントリーからダブルコンケーブへ抜けるボトムはまさにハイパフォーマンスミッドレンジ。 シングルFINかスタビライザーのどちらのセットも選べます。

BING LOTUS
6’0”〜 8’6”+
60年代後半にビングがブリューワーとの協力により開発されたクラッシックシングルフィンショートボード。 いわゆるガンのアウトラインからパワフルなマニューバーとチューブライドを考えてデザインされているモデル。 もちろんベストウェイブはミドル〜ビッグサイズ。

BING SYNCHRONIZER
5’4”〜 7’6”+
ボンザーとクワッドをミックスしたモデル、これがシンクロナイザーのコンセプト。 深いダブルコンケーブと5FINの特殊なセットでショートボードのマニューバーとクアッドの持つスピード、 この2つを実現している。

 

BING TWIN-FIN FISH
5’4”〜 6’6”+
マットカルバーニが70年代のFISHをもとにデザインしたモデル。 ロングボードのグライド感とショートボードのスピード・マニューバーを兼ね備えたデザイン。 キールフィンはボックス、グラスオン、どちらからも選べます。

BING SINGLE-WING QUAD(Q2)
5’10”〜 7’6”+
マークリチャーズのツインフィンからデザインされたモデル。 フラットロッカーで波のキャッチも早く、スモール〜オーバーヘッド・ダブルの波まで楽しめてしまう。

BING DOUBLE−WING QUAD(Q4)
5’4”〜 6’6”+
マットカルバーニがツインフィンから発展させてデザインしたのがこのQ4。 スピードはツインフィンと変わらず早く、さらに現代のショートボードに近いコントロール性能があるのが特徴。 あらゆる波のコンディションで楽しめるトランジッションボード。

BING Bonzer
5’6”〜 6’8”+
70's、当時のBingヘッドシェイパー、マイクイートンがあのキャンベルブラザーズのボンザーデザインの助けとなって生まれたBingボンザー。 シングル〜ダブルのコンケーブでマッシーでもホローでも、どんな波でもカーヴィングできるハイスピードボードです。

 

BING Mini Simmons
5’2”〜 6’6”+
現代サーフボードの生みの親、Bob Simmonsデザインを継承し、Bingチームライダー達のフィードバックによって生まれたシモンズ。 スタンダードなKeelFishフィンを採用することで、どんなセクションでもパフォーマンス可能なシモンズに仕上がっています。

BING Puck
5’2”〜 6’6”+
Bing Mini Simmonsをベースによりマニューバービリティーを追及したモデル。 アークテールでテイクオフの早さは変わらず、Sデッキとクワッドフィンの採用からコントロール性は抜群なシモンズです。

BING Dharma
5’2”〜 6’6”+
レトロフィッシュとスラスターボードの特徴を併せ持ち、多くの波をキャッチすることをコンセプトに設計されたモデル。 Puckモデルと似た部分があるが、大きな違いはDharmaはより軽くアグレッシブで、パフォーマンスシモンズと言える。

BING Swee' Pea
5’2”〜 7’10”+
Bing Simmonsのパフォーマンステイスト、Dharmaのマニューバー性能を更に上げたモデル。 適度なロッカーが付き、ラウンドしたアウトラインで、シモンズテイストは残したハイパフォーマンスボード。 ウェイブコンディションも選ばず楽しめるモデルです。

 

BING Spork
5’2”〜 6’6”+
スラスターボードとレトロフィッシュを合わせたデザインのSpork。シェイパー・マットが新たに新境地を開拓したモデルと言える1本です。 シングル〜ダブルのコンケーブ、ナローフィッシュなテイストで、マニューバー性能の非常に高くハイスピードなボードです。 ウェーブレンジは幅広く小波〜オーバーヘッドまでOK!

BING Musket
5’8”〜 6’8”+
DharmaとSporkのテイストを合わせ、Vボトムとダブルコンケーブ、ダイヤモンドスワローテールで、パフォーマンスを重視したモデル。 波のトップでのスナップの効いたターンとカービング、グライド感は他にはないモデルです。 ウェーブレンジはミドルサイズ〜オーバーヘッド、ダブルオーバー、がベスト!

BING Speed Square
3’10”〜 4’6”+
Bingチームライダー、クリスデルモロの幼少期に乗ったボディーボードデザインをツインフィンボードにアレンジしたスピードボード。 フィンレスボードに近いデザインから、抵抗も少ないのでハイスピード、クイックなターンとウェーブキャッチの早さが楽しいモデルです。

 

※オーダー方法や、その際の注意事項、納期についてはこちらへ
※ご質問などございましたら『お問い合わせフォーム』またはメールにてご連絡ください。